FC2ブログ

ミラココア

修理・作業内容 
R左ドア・Rクォーター・左サイドシルパネル 板金塗装 修理
左Fドア ボカシ塗装
(付属部品マスキング塗装) 
                   
車種          
ダイハツ ミラココア                                    
色          
 R65 ムースピンクパール      
お預かり日数目安      
3日前後    
作業時間目安       
11時間前後       
(乾燥・セッティングタイム除く)

修理金額目安(部品代+材料代+工賃)   
約 ¥82838円前後(マスキング塗装)
 ※見積り勉強途中の為、参考程度にお願いします。

比較参考見積り
Fドアミラー・FRドアノブ・ウインドウモール等を分解して塗装した場合
¥107140円前後

いつもは取り貯めた作業写真の内容だけを
紹介していましたが
今回は作業途中写真が無くても
施工手順を省かずに紹介してみようと思います

※紹介本文内・研磨作業の数字・番数について
研磨紙・目の荒さを表しています
数字が小さいほど荒く
大きいほど細かいです(○○番相当)

長くはなりますが、車を修理する際
どれほどの手間と時間が必要なのかの目安として
イメージして頂ければ幸いです


作業前写真① 
FC2ブログ掲載用写真 012

作業前写真②
FC2ブログ掲載用写真 013

作業前写真③
FC2ブログ掲載用写真 014

工場内入庫 
FC2ブログ掲載用写真 002
損傷状況確認

旧塗膜 研磨剥離 40番~60番相当 (シングルサンダー)

フェザーエッジ形成 80番~120番相当 (ダブルアクションサンダー)

エアブロー

電気溶着引出し板金
(ハンマリング微調整作業含む)

引出し完了面 足付け 80番~120番相当
(ダブルアクションサンダー)

脱脂作業

エアブロー・乾燥

作業途中写真①パテ塗付 接写
FC2ブログ掲載用写真 029
作業途中写真② パテ塗付 全体
FC2ブログ掲載用写真 030

セッティングタイム
(パテ内硬化剤自然反応待機時間)

遠赤外線加熱機 強制乾燥

パテ研磨 機械研ぎ 60番~120番相当(荒削り)

パテ研磨 手研ぎ60番~240番相当(当て板使用微細調整)

下地塗装予定範囲研磨240番~400番相当(ダブルアクションサンダー)

脱脂&エアブロー

施工面点検・確認

養生マスキング作業

下地塗装
(プライマーサフェーサー)

セッティングタイム(硬化剤自然反応待機時間)

遠赤外線加熱機 強制乾燥

養生紙 剥離

作業途中写真③下地塗装完了
FC2ブログ掲載用写真 034

水研ぎ足付け研磨400番~2000番相当
(本塗装予定範囲全体)

遠赤外線 加熱機 強制乾燥

本塗装用 塗料 作成 調色
(サンプルパネル作成・現車照合・微調整)

塗装専用ブース清掃・車両入庫

本塗装予定範囲外・養生目隠しマスキング

脱脂・エアブロー

本塗装
(ベース色・クリア色)

作業途中写真④本塗装完了 前方より撮影
FC2ブログ掲載用写真 014

作業途中写真⑤本塗装完了 後方より撮影
FC2ブログ掲載用写真 015

セッティングタイム(硬化剤自然反応待機時間)

ブース内室温 加熱調整 仮乾燥

養生紙・養生シート剥離

ブース出庫

工場内 遠赤外線加熱機 強制乾燥

本塗装面 付着物・肌面などの点検・確認
1000番~3000番前後 研磨紙による調整・消去・研磨作業
(ホコリ・ゴミ・ブツ・微細な凹凸肌面)

モール・ドアノブ・その他付属品などの簡易マスキング

専用回転機械&研磨液体による仕上げ磨き
(ポリッシャー+バフorスポンジ&コンパウンド)

点検・確認

マスキング剥離

洗車

最終確認

完成写真① 前方より撮影
FC2ブログ掲載用写真 040

完成写真② 後方より撮影
FC2ブログ掲載用写真 037

完成写真③ 修理箇所 側面
FC2ブログ掲載用写真 031
今回はフロントドアまでボカシ塗装を行ったので
色の違いは目視で分からないレベルまで修理ができました



今回の記事はいかがでしたでしょうか?
ブログを担当してから、自分なりに手探りで
修理事例の記事を中心に書いているのですが
伝えたいことが的確に伝わっているのかどうか?
また、お客様が本当に知りたい事・ためになる話とは
どのようなものなのかを日々模索している最中です
ご意見・感想などあれば是非聞かせてください(^∇^)

ご自分の車を修理・検討する際の参考材料になれば幸いです
ご回覧ありがとうございました♪

フィット バックドア エンドパネル

修理・作業内容 
バックドア・バックロアエンドパネル新品交換 塗装
Rバンパーメーカー純正塗装済み品 新品交換                    
車種          
ホンダ フィット                                    
色          
カラー番号 B528M ライトブルーメタリック       
お預かり日数目安      
5日前後    
作業時間目安       
16時間前後       
(乾燥・セッティングタイム除く)

修理金額目安(部品代+材料代+工賃)   
約 ¥260566円前後
 ※見積り勉強途中の為、参考程度にお願いします。
参考明細価格
部品代¥128055円
工賃¥102820円
塗料代¥10390円
消費税¥19301円

入庫時写真①
車両後方の損傷です
FC2ブログ掲載用写真 029

入庫時写真②
バックドア・Rバンパー 損傷
FC2ブログ掲載用写真 030

作業途中写真①
Rバンパーを外してみた所
バンパー内部バックロアエンドパネルも損傷していました
FC2ブログ掲載用写真 019

作業途中写真②
新品のバックロアエンドパネルです
スポット溶接を専用ドリルで揉んで分解し
交換溶接します
FC2ブログ掲載用写真 031

作業途中写真③
溶接の際、多少の熱や火が発生するので
作業の妨げになる部品をすべて外しました
(各種PP製内張り・リアシート・スペアタイヤなど)
交換溶接の際は防火シートで覆い作業をします
FC2ブログ掲載用写真 032

作業途中写真④
外したリアサイドカバー(内張り)
FC2ブログ掲載用写真 033

作業途中写真⑤
バックドア外しました
社外製のバックカメラが取り付けられており
確認した所バックドア側には配線を分解するコネクタが付いておらず
フロントセンターコンソールのナビオーディオ本体裏まで
分解出来ない1本状の配線で繋がれていました
配線は内張りの下に隠すように配置されていた為
車両側面の各種内張りと
センターコンソール周辺付近にも分解が必要でした
FC2ブログ掲載用写真 034

作業途中写真⑥
新品のバックドアパネル
足付け研磨後・塗料を作成し
専用塗装ブースにて本塗装を行いました
FC2ブログ掲載用写真 036

作業途中写真⑦
バックロアエンドパネル取り外し完了
FC2ブログ掲載用写真 007

作業途中写真⑧
外したバックロアエンドパネル
FC2ブログ掲載用写真 008

作業途中写真⑨
取り付け前の新品バックロアエンドパネル
スポット溶接予定面(主に淵沿い)の保護膜・塗料を剥離し
通電しやすく加工しました
FC2ブログ掲載用写真 009


作業途中写真⑩
溶接での取り付けが終わり
水漏れ防止のシーリング作業を施した後
足付け研磨を行い
マスキング養生後
本塗装を行いました
写真は加熱乾燥中の写真です
FC2ブログ掲載用写真 010
この後各部品を組み付けました
Rバンパーはメーカー純正塗装済みの品です
バックドアを装着しガラスを取り付けました
塗装したバックドアの最終仕上げ磨きを施し完成です

完成写真① 車両後方斜め右側から撮影
FC2ブログ掲載用写真 002

完成写真② 車両後方 正面より撮影
FC2ブログ掲載用写真 001


今回の記事はいかがでしたでしょうか?
ブログを担当してから、自分なりに手探りで
修理事例の記事を中心に書いているのですが
伝えたいことが的確に伝わっているのかどうか?
また、お客様が本当に知りたい事・ためになる話とは
どのようなものなのかを日々模索している最中です
ご意見・感想などあれば是非聞かせてください(^∇^)

ご自分の車を修理・検討する際の参考材料になれば幸いです
ご回覧ありがとうございました♪

アイシス バックドア

修理・作業内容 
バックドア・Rバンパー
Rセンターメッキガーニッシュ・エンブレム新品交換
バックロアエンドパネル 牽引修理・塗装
バックドアガラス脱着
                     
車種          
 トヨタ アイシス                                   
色          
 シルバー      
お預かり日数目安      
5日前後    
作業時間目安       
17時間前後       
(乾燥・セッティングタイム除く)

修理金額目安(部品代+材料代+工賃)   
約 ¥237865円前後
 ※見積り勉強途中の為、参考程度にお願いします。

入庫時写真
リアの損傷車両です
バックドア・Rバンパーに大きな損傷があります
FC2ブログ掲載用写真 010

作業途中写真① 
Rバンパーを外した所
バックロアエンドパネルにも損傷がありました
バンパーが乗るステーが曲がっているのが分かると思います
軽度でしたので、引出し塗装修理します
FC2ブログ掲載用写真 029

作業途中写真② 
防水ゴムの当たり面も確認しながら復元させました
FC2ブログ掲載用写真 030

作業途中写真③
外したRバンパー
今回は新品交換ですが
修理も可能な程度の損傷具合です
FC2ブログ掲載用写真 031
FC2ブログ掲載用写真 032
今回はこれ以降の途中写真を取り忘れてしまいましたが
作業工程を守って丁寧・確実な作業を行いました



完成写真①車両後方 正面より撮影
FC2ブログ掲載用写真 011

完成写真②車両後方より 左側から撮影 
FC2ブログ掲載用写真 012

完成写真③ 車両後方より 右側から撮影
FC2ブログ掲載用写真 013



今回の記事はいかがでしたでしょうか?
ブログを担当してから、自分なりに手探りで
修理事例の記事を中心に書いているのですが
伝えたいことが的確に伝わっているのかどうか?
また、お客様が本当に知りたい事・ためになる話とは
どのようなものなのかを日々模索している最中です
ご意見・感想などあれば是非聞かせてください(^∇^)

ご自分の車を修理・検討する際の参考材料になれば幸いです
ご回覧ありがとうございました♪

フィット 赤 左クォーター板金修理Rバンパー交換 

修理・作業内容 
Rバンパー・バンパーブラケット新品交換
左リアクォーター 板金修理塗装                    
車種          
ホンダ フィット                                    
色          
赤色       
お預かり日数目安      
3日前後    
作業時間目安       
10時間前後       
(乾燥・セッティングタイム除く)

修理金額目安(部品代+材料代+工賃)   
約 ¥131836円前後
 ※見積り勉強途中の為、参考程度にお願いします。
参考部品代
¥48670円

入庫時写真① 車両後方より撮影
損傷箇所周辺
FC2ブログ掲載用写真 002

入庫時写真②
車両後方より撮影
損傷箇所接写
左リアクォーター付近
塗膜を研磨剥離後
電気溶着引出し板金にて修理を行います
FC2ブログ掲載用写真 003


作業途中写真①
板金修理が終わり、微細肌面調整の為
薄くパテ塗付にて整形を行います
FC2ブログ掲載用写真 010

作業途中写真②
パテ研磨作業が終わり
最終下地塗装を行います
(プライマーサフェーサー)
写真はマスキング養生作業が完了した状態です
FC2ブログ掲載用写真 011
下地塗装

セッティングタイム後 遠赤外線加熱機にて乾燥

塗料作成

下地塗装面含む本塗装予定範囲を水研ぎ足付け研磨

遠赤外線加熱機にて乾燥

塗装専用ブース入庫

マスキング養生作業

本塗装

セッティングタイム後仮乾燥処理

マスキング養生 剥離

塗装ブースより出庫

工場内遠赤外線加熱機にて強制乾燥

塗装面の点検確認
(ゴミ・ホコリ・ブツなどの点検消去研磨)

塗装肌面の最終仕上げ磨き
(専用機械ポリッシャー&研磨液体コンパウンド)

各部品等の組み付け
(今回リアバンパーはメーカー純正塗装済みの品でした)

完成

完成写真
FC2ブログ掲載用写真 016



今回の記事はいかがでしたでしょうか?
ブログを担当してから、自分なりに手探りで
修理事例の記事を中心に書いているのですが
伝えたいことが的確に伝わっているのかどうか?
また、お客様が本当に知りたい事・ためになる話とは
どのようなものなのかを日々模索している最中です
ご意見・感想などあれば是非聞かせてください(^∇^)

ご自分の車を修理・検討する際の参考材料になれば幸いです
ご回覧ありがとうございました♪

MRワゴン Rクォータ切開交換 修理事例

修理・作業内容 
右Rクォーター 切開新品交換 修理塗装
R座席シート・内張り脱着
右Rドア部品分解ボカシ塗装
Rバンパー新品交換(メーカー純正塗装済み)
                    
車種          
スズキ MRワゴン                                    
色          
ZSE カシスピンクパールメタリック       
お預かり日数目安      
5日前後    
作業時間目安       
18時間前後       
(乾燥・セッティングタイム除く)

修理金額目安(部品代+材料代+工賃)   
約 ¥188492円前後(完全復元修理)
 ※見積り勉強途中の為、参考程度にお願いします。

比較参考の見積り
クォーター&Rバンパーを板金修理した場合
※プロ目線では微細な修理痕跡残留の可能性有り
¥89914円前後
(クォーターパネル内でのみボカシ塗装)

入庫時写真① 車両前方
FC2ブログ掲載用写真 020

入庫時写真② 車両後方
FC2ブログ掲載用写真 025

入庫時写真③ 損傷箇所接写
FC2ブログ掲載用写真 026
凹み・キズの度合いは軽度ですが
ちょうどリアバンパーとクォーターパネルとの境目が変形しています
修理は十分可能な損傷具合なのですが
板金修理する品質は完全復元かを問われると
何度もRバンパーを付けたり外したりの
フィッティング仮合わせを行いながら
見積りソフトや自研センターが推奨している
規定値時間以上の手間を掛けないと
板金のみでの修理は難しいのが現状です
鋼板のプレス(折曲がり角度)こう配がキツイ程、
引出し板金・ハンマリング板金等の難易度が上がりますので
一部はパテでの整形に頼る施工になると思います
パテ修理にはメリット・デメリットがありますので

Ⅰお車の年式が新しい場合
Ⅱ保険適用修理の場合
Ⅲ納期厳守でお急ぎの場合
Ⅳ修理痕跡が一切無い・妥協をしない完全修理を希望される場合


どれか一つでも当てはまる場合、当店では板金修理では無く
主に部品交換を提案しています

板金修理の専門店なのに修理可能な事例でも
交換してしまうのは・・・少し心苦しいのは山々なのですが(´・_・`)
一番の理由はお客様をがっかりさせたくないからです

低予算・妥協・節約等を検討する場合には
板金・パテ整形は心強いです
交換部品は最小限に抑えて
直せるものは多少の修理痕跡が残るとしても
(プロの目線で点検した場合です)
なるべくきれいに直せる様日々努力を重ねています

今後の長い目でみたお付き合いに向けて
メリット・デメリットの説明は丁寧に行い
固定観念に囚われず
お客様ひとりひとりのご要望に応えられるよう
柔軟な対応・提案をしていきたいと思います。



作業途中写真④
今回は高年式の車両で保険適用の修理の為
パネル切開溶接交換になりました
FC2ブログ掲載用写真 003

作業途中写真⑤
黄色いテープを貼った辺りで切開交換を行います
パネル淵沿いに施されているスポット溶接を専用ドリルで揉んで分解します
写真を取り忘れましたが室内の内張りとリアシートを分解しています
(溶接接合の際、多少の熱が発生する為防火シートで養生します)
FC2ブログ掲載用写真 004

作業途中写真⑥
新品のクォーターパネルを取り付けました
(スポット溶接・パネルボンド・半自動溶接)
切開面は半自動溶接後、薄くパテにて微調整を行います
FC2ブログ掲載用写真 003

作業途中写真⑦
パテを研磨後・下地塗装を行いました
FC2ブログ掲載用写真 004

作業途中写真⑧
下地塗装施工箇所を含む本塗装予定範囲すべてを
塗料密着性向上の為
水研ぎ足付け研磨を行いました
クォーターパネルとRドアを本塗装します
ドアノブ・ウインドウモール等も分解済みです
FC2ブログ掲載用写真 008

作業途中写真⑨
本塗装が完了しました
この後、ホコリ・ゴミ・ブツなど付着物の点検・消去
専用機械による塗装肌面最終磨き仕上げ作業を行います
(専用機械ポリッシャー&研磨液体コンパウンド)
FC2ブログ掲載用写真 014

完成写真①
Rバンパーはメーカー純正塗装済み製品でした
FC2ブログ掲載用写真 006

完成写真②
色の違い等も無くきれいに仕上りました
FC2ブログ掲載用写真 007

完成写真③
立付け・フィッティングもバッチリです
修理痕跡の一切ない高仕上がりになったと思います♪
FC2ブログ掲載用写真 008

今回の記事はいかがでしたでしょうか?
ブログを担当してから、自分なりに手探りで
修理事例の記事を中心に書いているのですが
伝えたいことが的確に伝わっているのかどうか?
また、お客様が本当に知りたい事・ためになる話とは
どのようなものなのかを日々模索している最中です
ご意見・感想などあれば是非聞かせてください(^∇^)

ご自分の車を修理・検討する際の参考材料になれば幸いです
ご回覧ありがとうございました♪

アクセス数

プロフィール

月岡自動車

Author:月岡自動車
月岡自動車のブログを始めました
普段お客様が見る機会が少ない
お車の修理作業手順の写真紹介や
疑問に思うこと、知りたいこと等を
中心にゆる~く紹介していける
ブログにしていきたいと思っています♪

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR